日本二大優良超巨大サイト

ハッピーメール

PCMAX

無料で登録出来る安心サイト

 

“神待ち”という“出会い系サイトのようなもの”の存在を私が知ったのは、つい最近のことです。
その歴史が想像以上に古いものであることは、さまざまな情報を調べていくうちに知りました。

 

こちらに訪れて下さった方は、出会い系サイトについて詳しい方も多いと思います。
もしかしたら、神待ちサイトについてわざわざ説明する必要もないのかもしれません。

 

実は私も以前、某有名企業の出会い系サイトを使おうとしたことがありますが、有料サイトを利用することに抵抗があり、やめてしまったことを覚えています。
そして、その出会い系サイトは有名企業だから大丈夫だろうと安心していましたが、登録時に本人確認など行っておらず、退会後もまだメールが来る、迷惑メールがいろいろなところから急増…
そのようなことがなぜ起こったのかを知ったのは、この神待ちサイトの仕組みを調べている時のことでした。
個人的には、とても勉強になったと思っています。

 

しかし、冒頭で私は“出会い系サイトのようなもの”という言葉を使いましたが、出会い系サイトというカテゴリーには属さないのが“神待ちサイト”なのです。

 

“神”という言葉は若者言葉ではなくネット上だけでもなく、いろいろな場面で耳にするようになりましたが、ここでの“神”とは、家出をして困っている女の子に食事をおごってあげたり、泊まる場所を用意してあげる男性のことを意味しています。

 

援助交際、とも捉えることができるかもしれませんが、援助交際というカテゴリーにも属していないのが神待ちサイトの大きな特徴であり、今までのサイトにはなかった特殊な運営方法のカタチかもしれません。

 

つまり、援助の見返りとして当たり前のようにあるはずの性行為は、必ずできるとは限らないからです。

 

そして、この得体の知れない“神待ちサイト”を利用する落とし穴は意外にも深く、男性にも女性にも不利益しかもたらさない恐ろしい落とし穴があるのです。

 

これを知らずして神待ちサイトや神待ち掲示板を利用するのは危険であることを、ぜひこの機会に知って頂きたくとともに、神待ちサイトを利用しなくても、より安全で確実に出会うことの出来る優良な出会い系サイトがあることも知って頂けたら幸いです。

ホーム