最近の“神待ちサイト”の傾向としては、サクラだけのサイトより、家出した(という演技をする)女の子が男性の援助を求めるサイトが主流のようです。

 

そういった背景から今では“神待ちサイト”を利用する男性のことを女の子たちは“泊め男”と呼ぶようになっています。

 

泊めてもらうことを前提に出会うのであれば、当然、お礼としての性行為は暗黙の了解であってほしいものですが“神待ちサイト”ではそうはいかないのです。

 

“神待ちサイト”の女の子たちは“泊め男”とエッチすることを目的にしていませんし、神待ちサイト側もやはり“異性紹介事業ではない”という姿勢を貫くというわけです。

 

考えてみれば、18歳以上で家出をして泊まる場所や食事に困っているなどというのは不自然ですよね。

 

自ら“泊め男”になってあげても、その見返りが期待できない。
それどころか18歳未満かもしれないという危険性。
児童買春で犯罪者となる可能性が非常に高い、ということは決してお忘れなく。

 

今まで悪徳出会い系サイトに騙された苦い経験のある人も多いかと思います。

 

しかし“神待ちサイト”は騙してやろうという以前に、責任を逃れたいという気持ちが強いように思われます。
運営側が責任を逃れ、管理を怠った結果、男性は18歳未満の児童に騙されてしまうことになるのです。

 

騙される、騙されないを問題視するよりも、悪徳出会い系サイトや“神待ちサイト”を利用しないというほうが、ずっと話が早いのですが、騙されてしまう人がいるからこそ悪徳出会い系サイトは増え続け、一方では“神待ちサイト”も巧妙な手口で営業を続けていられるのです。

 

因みに騙されないために、ですが、騙される人には何かしら共通点があります。
出会い系サイトの知識があるかないかということはもちろんですが、人が良くて断れない、意志が弱くてついつい流されてしまうような人は要注意です。

 

出会い系サイトをこれから利用する方は、最初の登録の時点で気をつけてください。

 

年齢認証は平成21年2月1日に“出会い系サイト規制法”の改正によって厳しくなっています。

 

他のオンラインゲームやコミュニティサイトでも、突然18歳未満の会員は利用が極端に制限されているほどです。純粋にゲームだけを楽しみたい児童にはちょっとかわいそうかもしれませんが、大人と関わる危険性から児童の身を守るためには必要な規制法だと言えるでしょう。

ホーム