“神待ちサイト”は、一般的な出会い系サイトでも、援助交際でもなく、異性紹介事業として経営していないがために、18歳未満の児童に手をだしてしまう危険性が非常に高いと言えます。

 

年齢確認を全く行っていないわけではありませんが、年齢認証は自己申告のみで済まされています。

 

優良な出会い系サイトでは、きちんと年齢確認、本人確認を行なってからの登録となり、さらには会員同士で違法行為が行われていないかという管理体制もしっかりされているものです。

 

そのような優良な出会い系サイトをぜひ選んでいただきたいですし、まちがっても異性紹介事業を名乗らないような悪質なサイトを利用して、知らないうちに違法行為を犯してしまったということのないよう充分気をつけて頂きたいのです。

 

“神待ちサイト”が異性紹介事業を名乗らない理由は、ただ“出会い系サイト規制法”によって義務付けられた面倒な手続きや責任を逃れたいためだけなのだと考えられます。

 

運営側も法律のことはもちろん知っているでしょうが、そんな面倒なことは御免だ、もっとお手軽に稼ぎたいだけだ、という実に都合のいい姿勢なのです。

 

そんな適当な運営側のとばっちりを受けてしまうのは、神待ちサイトを利用した男女です。

 

神待ちの女の子が高級なものばかり要求してくる、と説明しましたが、男性もそれを素直に聞き入れる人ばかりではないはず、断ることもできるのでは?というのが一般的な考えかもしれません。

 

ところが断れません。
神待ちの女の子は、自分が18歳未満であることを利用して男性を脅してくるケースが非常に多いからです。
他の男連中と手を組み、弱みを握っていることをいいことに様々な脅しをかけられてしまいます。

 

“美人局(つつもたせ)”という言葉はご存知でしょうか?
私がこの言葉を知ったのは、神待ちサイトで起こる被害状況を調べている中でのことです。

 

映画やドラマの中だけであってほしいこの危険な事態が、実際に起こっており、被害に遭う男性も少なくないのです。

ホーム