冒頭で、私が過去に出会い系サイトを利用したときのことを少し書きましたが、その当時は出会い系サイト規制法の改正はなかったとしても、今考えると恐ろしいのはフリーメールだけで登録できてしまうお手軽さです。

 

個人的には、ネット上であまり個人情報を晒したくはないのですが、フリーメールだけで男女とも登録できるということは、もし何かトラブルがあった時にお互いがどこの誰なのか全くわからないということです。

 

“神待ちサイト”を訪れてみるとわかるように、男性のプロフィールが小さすぎるところや、男性側のプロフィールが全くないところもあります。

 

男女の出会いの場として運営している出会い系サイトなら、あまりにも不自然すぎることです。

 

ここで女性側の立場から考えますが、“神待ちサイト”を利用して、男女が出会ったとしても、よほどの確率ではない限り素敵な男性と出会えることなど期待はできません。

 

なぜなら、“神待ちサイト”の運営の質の悪さを知っていて利用している男性も多いからです。

 

そのような男性は、たとえサクラであろうが18歳未満であろうが、女性を性の対象としてしか見ていないとも言えるでしょう。

 

18歳未満だから、法に守られているという武器があると思うかもしれませんが、このような男性の場合は武器など痛くも痒くもありません。

 

平気で違法行為をしようと、18歳未満の児童を目当てに“神待ちサイト”を利用している男性もいます。
“神待ちサイト”を攻略する方法というサイトがあまりにも多いのは驚きますが、ここで女性が被害に遭っても、警察に届け出る勇気はあるでしょうか。

 

出会った男性が、一般のちょっと悪いことをしてやろうというだけの気持ちなら、まだマシです。
調子に乗ってお酒を飲んで酔っぱらっていると、複数の男性にまわされる、身に着けているものはすべて奪われ、どこかの僻地へ捨てられる、それだけならまだ命はありますが…

 

悪質な管理のもとで出会い系サイトを利用することの危険性を、女性側もきちんと考えなければならないのです。

ホーム