“神待ちサイト”を利用する上で起こる危険性は、これだけではありません。

 

もちろん、“神待ちサイト”を利用するのは個人の自由ですが、後悔だけはしないように注意してもらいたいと思います。

 

“神待ちサイト”を利用するにあたって、違法行為となり犯罪者になってしまうかもしれない危険性が非常に高いのです。

 

過去にも様々な事件があったため、売春防止法くらいはご存じだと思います。

 

しかし、“神待ちサイト”を利用するのであれば、児童福祉法、青少年健全育成条例についても知っておかなければなりません。

 

年齢認証も適当に済ませている“神待ちサイト”では、18歳未満の児童がたくさん紛れ込んでいます。

 

売春防止法では、買春した男性も、売春をした女性側も問われることはなく、その管理営業側がひっかかってしまうものですが、“神待ちサイトは”家出をして困っている女の子にご飯でもおごってあげてください、という立場にいるため、売春行為を斡旋したことにはならず、法に問われることもありません。

 

しかし、警察に職務質問を受けた時、相手の女性が18歳未満だったらどうなるでしょうか?

 

若しくは、自宅やホテルまで行ってから、生徒手帳・学生証を偶然発見してしまい18歳未満の児童だとわかってしまったら?

 

言うまでもありませんが、18歳未満の児童を自宅に連れ込んだだけでも未成年略奪となってしまう可能性があります。

 

少女はもちろん自分の年齢を隠しています。
そうしないと常識をわきまえた大人の男性に警戒されることがわかっているのです。

 

“神待ちサイト”を利用するのであれば、掲示板やメールでのやり取りの際に“会おう”という誘いをしただけでも相手が18歳未満の児童であれば違法行為になるのです。

 

決して、年齢確認をせずに“神待ちサイト”を利用することのないように、充分注意してください。

 

誰のためでもなく、ご自分の身を守るために。

ホーム